わたしの一本 スーベレーン*

先日の続きです。
手紙舎さんを後しに、用事を済ませ、向かった先は、こちら。


b0277915_11531828.jpg


青山にある書斎館。


実は、オリジナルインクを作ってから、ガラスペンでお手紙を書いたりしていたのですが、
インクが途中で無くなるので、書きづらく・・・
やっぱり、万年筆がほしい!と、思い、いろいろ検索をしました。
買うなら、1本だけで永く愛用できて、そして、心ときめく万年筆がいい。
そんな思いで、日々いろんなサイトを拝見しました。

そこで、ふと目に留まったのが、ペリカンのスーベレーンM320 パールホワイト。
2012年に限定発売された万年筆です。
当然、どこもかしこも売り切れ、でも、その色、小ささ、可愛さ、すぐにメロメロになりました。

数日して、サイトでまだ売られている場所を発見。
これは、運命である!と、購入しようと思ったとき、ふと、ペンの太さってどうしたら良いのだろうか、
という疑問にぶち当たり、Twitterで、「ニブってMとFどちらがいいのかな・・・」とつぶやいたところ、
皆さん、いろいろなコメントをくださいました*

そしていろいろ話しているうちに、やはり万年筆は書かないとわからないという結果に落ち着き、
こちらのお店を教えていただきました。

入り口はまるでデザイン事務所のよう。
とってもステキでした*

中に入って、お客さんが誰もいなく、さらに、万年筆が綺麗に飾られているのを見て若干、
大丈夫かな・・・と思ったのですが、事前にこういう風に声をかけたら平気という、助言も聞いていたので、
店内を少し見て、意を決して話しかけました。

「初めてなんですが、万年筆を捜していて・・・・」

すごく優しい方(女性)が対応してくださり、安心感がありました。

探してるボディを白と伝えると、何本かチョイスして持ってきてもらいました。
ペリカン、パイロット、セーラー、イタリアのもの、などなど・・・

一つ一つ試し書きさせてくれました。
もちろん、いろいろなニブも試させてくれました。

できれば、一生の1本にしたい事や、セーラーのオリジナルインクを作った事など、話しながら・・・
(とは言いつつ、色々な、万年筆を試し書きして思ったのは、それぞれぜんぜん書き味が違うので、用途に合わせて、買ってしまう&買ったほうが良いという気持ちも分かる気がしました。
また、インクは純正がいいみたいです・・修理とかしてもらえなくなるらしい・・・)


そんな理由もあり、最終的には、ペリカンとセーラーが残りました。
どちらも、一長一短で、悩む事数分。
そして、心にはあの一目ぼれしたM320が・・・
試し書きでペンの太さも分かったし、やっぱりあれが欲しいから、ネットで買おうかな・・・などと思いつつ、思い切って、この万年筆の話をしました。
そしたら、まだあると言われ、えええっ~~~!
これは、運命だ!
と思い、早速出してもらい、試し書きを・・・

しかし、出てきた万年筆をみて、ネットで見て想像したボディとは色がずいぶん違うことに、気がつきました。
また、M320は、軸が細いので、指がうまく添えられず、そして小さくて可愛いのですが、太いペンが好みのわたしには、ちょっと合わなかったです・・・持ち歩きや手帳にはぴったりサイズです。

あえなく、運命ではなかったと知りました・・・


さて、残った2本。
ほんとにどちらも、譲れなく、悩む・・悩む・・・
ペリカンは憧れの万年筆、すごく欲しいけど、ちょっと重いかも、そしてインクの問題がある。
セーラーは軽くて書きやすい、インクの問題もない。でも、白ボディの色、白すぎて気になる・・・
もんもん、もんもん。

そしたら、「10分ほど外の空気を吸って来たらどうですか?」と、提案していただきました。

このとき、すでに1時間以上経過してました・・・

10分ほど、付近を散歩、その途中も色々悩んでいたのですが、最終的には、直感だ。と思い、ドアを開けました。
「おまちしておりました」と言われ、再度机に着いて・・・


1本、1本、じっくり試し書き。


そして、決めました。


b0277915_11282217.jpg


ペリカン スーベレーンM600  ホワイトトータス



決め手は、書いたとき、歌うようにすらすらと、文字が書けたことでした。
そして、気持ちがhappyになったこと♡


とっても綺麗で、見てるだけでうっとり♡、部屋にあるだけで存在感。
そして、ピリッとします。

早速オリジナルインクを入れて、いろいろ書いたり、眺めたり。
書く文字もなんだか、丁寧に選んでしまったり・・・

こんなに、1本を手にしただけで、違うなんて・・・と、驚いています。


これから、永く一緒に人生を歩むわたしの、1本。
白く何にも、染まらず、キラキラと、輝きつづける星のように。
ずっと、側で照らしていてくれそうです。


ありがとう。


にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへにほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
[PR]

by monya2012 | 2013-04-08 11:51 | ♡♡&#9825

<< Fさんからのイタリア便* 手紙舎2nd STORY >>